かんたん姓名判断

姓名判断と画数 - 草冠やさんずいなどの部首や「六」などの漢数字はどう数えるか?プロが教える姓名判断と新字体/旧字体の話

広告

姓名判断は通常の画数を用いて計算しますが、一部の流派は草冠(草かんむり)といった部首の画数を特別に扱います。

草冠は3画ですが、4画とする流派も稀にあります。艹を十が2つあるようにみなせば、画数は4になります。

しかしほとんどの漢和辞典は艹を3画と定め、私たちも3画として書いています。姓名判断は日常や習慣を重んじるため、4画でなく3画とするほうが正しい計算方法といえます。

姓名判断は新字体を扱う。固有名詞も旧字体は採用しない。

姓名判断は新字体のみを扱います。旧字体を使った昔の名前も、新字体に変換して計算してください。これは2つの理由があります。

まずは前述のとおり、現代人の私たちは新字体を使っているからです。そして姓名判断は統計を用いているからです。

旧字体はほとんど使われていません。本来の姓名判断は画数と漢字のペアを総合的に考慮した体系ですが、めったに使われない漢字は統計の例外を作ってしまいます。頻度の低い漢字を「山」「川」といった頻度の高い漢字と混ぜて統計をとると、結果は珍しい漢字のほうに引っ張られてしまうのです。

統計の問題から現代の姓名判断は新字体、それもなるべく常用漢字のみを使うようにします。新字体のみを計算対象にすると、画数の特徴がより際立って表現され、姓名判断が姓名判断として統計学的な意味を持つようになるのです。

漢数字はその画数を用いる。意味する数を使わない。

「六」の画数は4で、姓名判断も「六」を4画とみなします。一部の流派は「六」を6画とみなしますが、これは誤りです。こうした流派は「百」「千」といった漢字はその画数を用います。なぜなら1000画の漢字などないからです。

これはずいぶん都合のいい話です。一桁の漢数字はその数、しかしそれ以外の漢数字はその画数を用いるという話を始めると、姓名判断という体系そのものが崩れていきます。

正しい姓名判断は純粋な画数をそのまま扱います。例外を考慮することは、統計の意味を崩すことに他なりません。

広告

姓名判断

姓名判断

夢占いサイト

夢占い

漢字辞典

漢字辞典

© どんとこい姓名判断|四柱推命館 All rights reserved.