かんたん姓名判断

姓名判断は気にする?それとも気にしない?大凶の画数でも不安になりすぎないようにしよう

広告

自分の名前が姓名判断で悪かったとして、その結果を気にするべきでしょうか? それとも気にしなくていいでしょうか?

◎姓名判断はあくまでも人生を改善するためのツール

このどんとこい姓名判断で名前を調べてこの記事にたどり着いた人もいるでしょう。姓名判断の結果が悪くても過度に不安になる必要はありません。

例えば9画や19画など下一桁が9になる画数は一般的に良くありませんが、人格や総格がこれに該当したとしても、「もう自分は終わりだ。救われないんだ」と思う必要はありません。

19画の結果を見てみましょう。

「19画は大凶です。姓名判断で最も有名な大凶で、ほとんどの流派で意見が一致しています。人に理解されないことが多く、孤独になりやすい傾向があります。努力が報われず、失敗が失敗を生む悪循環に入りやすいでしょう。」

とあります。この見解から

「運のいい人を探して、その人と友だちになりましょう。そうすれば必ず運が良くなります。」

といった具体的な提案をどんとこい姓名判断ではしていますね。

悪い画数だったら、「あ、ひょっとしたらこれは警告なのかな。改善するべきことがあるのだろう」と考えてください。これは姓名判断に限ったことではありませんが、占いもスピリチュアルも、自己啓発もアドバイスも全てはあなたの人生を良くするための道具に過ぎないのです。

姓名判断は当たる当たらないのお告げではなく、人生に対する警鐘または称賛に過ぎません。素晴らしい画数には称賛を、そうでない画数には警鐘を鳴らします。そして警鐘とは不安に思うべきものというよりは、耳を傾けて内省するための声です。

19画は悪い運勢がさらに悪い運勢を呼び込む状態を暗示しますが、そうした警鐘を聞いたら、するべきことは不安に思うことではなく、人生においてそういう状況に陥ったらどうするべきかという前向きな思索なのです。

◎過度な不安より前向きな改善をする

広告

姓名判断

姓名判断

夢占いサイト

夢占い

漢字辞典

漢字辞典

© どんとこい姓名判断|四柱推命館 All rights reserved.